お酒が飲めなくても働ける?

2016年05月13日 12:16

一般的にはキャバクラはお客様にお酒を提供し、楽しく飲む場のイメージがあるかと思います。え!?高級シャンパンをお客様に注文をしてもらい、お店の売り上げに貢献しなくてももいいの?と思うかもしれませんが、お酒が飲めなくてもキャバ嬢として働くには意外と大丈夫です。そして、実は飲めないキャバ嬢の方々がたくさんいます。


来店の一番の目的はキャバ嬢と楽しく過ごすこと

それはなぜかと言うと、お客さんの来店の本当のお目当ては、お酒じゃなくてキャバ嬢の方々なのです。お気に入りのキャバ嬢と一緒に楽しく過ごすことが目的にために、お酒が飲めないのにも関わらず来店されるお客様もいるくらいです。もちろん飲めるには越したことはないですが、お酒が飲めないという理由でキャバクラで働けない訳ではありません。



お酒が飲めない時のお断りテク

万が一、お客様から強引にお酒をすすめられそうな場合には、「お医者様から言われているので」とドクターストップを言われていることにして、やんわり断ってみることも良いかもしれません。もちろん、断った後のお客様のフォローも忘れてはいけないことです。お客様は一緒に飲んで、一緒に楽しみたいが為にお酒をすすめてくれている訳ですから、断った後には飲んでるお客様以上に盛り上がりを見せる、注ぎ役に徹して気配りをする等の気遣いをしましょう。

  • 1